北村浩子の「読んで、話して、書いて」

フリーアナウンサー、ライター、日本語教師の北村浩子のブログです。

『伴侶の偏差値』解説を書きました&パソナ10月のイベント

深沢潮さんの『伴侶の偏差値』(小学館文庫)の解説を書きました。

こちらから本編の試し読みができます。

 

この小説を読んで思い出したのは、

10年ほど前に読んだ、

叶恭子さんの『トリオリズム』というエッセイ。

〈相手にお金が無くなったときは、愛せなくなるとき〉とか

〈わたくしは計算高い女です〉なんて書かれていて、

別世界に住んでる人の言葉だなあ、

だからこそ面白いな、と感じたのです、が、

 

自分の人生に対してきちんと計算高くならないと、

むしろいけないのではないか?

と今のわたしは思っていて、

『伴侶の偏差値』の主人公、35歳独身の真紀に、

どうか賢く、小狡く立ち回って欲しい、

と思いながら読んでいました。

自分をないがしろにするような男は捨てて、

ちゃんと計算高くなって!

と。

でも、そんな「うまくやるタイプ」の主人公なら、

「葛藤の話」にはならないわけで……

 

 

解説には、

「ところどころ過去の自分を見るようでつらかった」

みたいなことは書きませんでした。

 

読んでいただけたら嬉しいです。

 

さて、

7月からパソナで行っている読書講座、

10月も開催することが決まりました。

ありがとうございます!

 

10月20日(金)19時~20時30分

大手町のパソナグループ本社ビルで行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

これからは毎回、

おすすめ本の紹介、日本語の話もしたいと思っています。

お待ちしております!

 

*こんな感じでやっております。

f:id:kitamurabooks:20170906204419j:plain

 

 

 

 

 

 

パソナ9月のイベントほか

夏来たりなば冬遠からじ

と、

毎年夏が来ると思っていたのですが、

この涼しさ。

曇りや雨の天気が好きなわたしとしては、

最高の夏です。

 

が……

ここ最近、珍しく体調を崩しておりまして、

早く元気になって、諸々ペースを上げなければと

思っているところです。

 

そんな中ですが、

パソナの講座、9月も開催いたします。

9月21日(木)19時からです。

詳細はこちらです。

お時間ありましたら、ぜひお越しください。

今回も少人数です。

みなさんとお話しできるのを楽しみにしています。

 

また、

noteに掲載している「北村浩子のbook on」

5回目をアップしました。

今回は、戌井昭人さんの『ゼンマイ』を

ご紹介しています。

ロードノベルなのですが、

生涯ただ1度の恋を描いたピュアな恋愛小説でもあります。

note.mu

聴いていただけたらうれしいです。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

『遊佐家の四週間』の解説を書きました

デビュー作『肝、焼ける』からずっと大好きな朝倉かすみさん。

遊佐家の四週間』(祥伝社文庫)の解説を書かせていただきました。

美貌の羽衣子、醜女のみえ子。

2人の「唯一無二」の友情と

普通の家族のグロテスクさを描いた長編小説です。

お読みいただけたらうれしいです。

 

今、9月に発売される文庫の解説も書いています。

またお知らせします!

久しぶりのFヨコ!

7月18日(火)FMヨコハマの「ちょうどいいラジオ」に出演して、

本の話をします。

 

DJ光邦さんが、ときどきわたしのことを放送で話してくださっていて、

とてもありがたく思っていたのですが、

出演についてメールをいただいたときは

すごくびっくりしました。

 

Fヨコで長く働かせていただきましたが、

タレントではない、降板した喋り手が番組に出ることは、

たぶん、かなり珍しい。

いいのかな、と一瞬思いましたが、

ラジオで本の話がまたできるのは望外の喜びで、

うれしく引き受けさせていただきました。

光邦さんと会話するかたちで本を紹介できるのも

すごくうれしい。

 

朝8時12分頃からです。

ぜひ楽しみにしていてください!

 

 

 

 

「北村浩子のbook on」スタートです

「book off」じゃなくて……

 

というくらいのかるい気持ちで、

「book on」とつけました。

前口上からお読みいただければ幸いです。

 

北村浩子の「book on」

 

今回は、3本アップしました。

 

『最愛の子ども』(松浦理英子著 文藝春秋

『ちいさい言語学者の冒険』(広瀬友紀著 岩波書店

『私なりに絶景』(宮田珠己著 廣済堂出版

 

1本100円です。
それぞれ、冒頭の約30秒は無料でお聴きいただけます。

 

本を買ったり、原稿を書いたり、
いろいろなひとの力もお借りしている関係で、
無料にすることはできませんでした。

ごめんなさい。

もし、たくさんの方にダウンロードしていただけたら、
これからも続けたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

話します!(ひさしぶりに)

久しぶりに話します。

 

7月20日(木)19時から、大手町で読書の話をします。

参加費は500円です。

どなたでも参加可能です。

お仕事帰りにお寄りいただけたらうれしいです!

PASONA講座・イベント

 

久しぶりだ……声出るかな……

 

コラムやレビューや講座など

あらためまして『ヒロ☆コラム』プレゼントに

たくさんのご応募をいただき、

ほんとうにありがとうございました!

 

当選された方には、今週末にはお送りいたします。

もう少しお待ちください。

 

今日はこれからの予定を。

 

ちょっとお休みしていましたシミルボンの連載、

書評コラムというかたちでぼちぼち書いていきます。

もし気に入っていただけましたら

「いいね」を押していただけたら幸いです。

shimirubon.jp

5月10日発売の「本の雑誌」で、

最果タヒさん、川上弘美さん、星野源さんの新刊をご紹介しています。

今月の本の雑誌|WEB本の雑誌

 

また、5月17日発売の「小説すばる6月号」(集英社)に、

「宇宙をめぐる物語」と題したブックレビューが掲載されます。

長めのものを文芸誌に書かせていただいたのは初めてです。

がんばって書きました!

 

そして、まだ日時は固まっていないのですが、

7月半ばに、パソナ主催の、

読書がテーマの講座を担当します。

お手頃な料金(500円くらい)になる……と思います。

平日の夜、都内での開催になります。

詳細が決まりましたらこちらでもお知らせします。

 

 そして!

できれば来月あたりから、

「books A to Z」のような、音声の配信を

始めたいと思っています。

 

どうでしょう?

楽しみにしていただけるでしょうか……?